Web業務改善・効率化

Web制作やWeb運用業務の改善・効率化を科学的根拠にもとづいてご紹介。

コーディング初心者にも役立つ【制作納期を2倍短縮できる】おすすめの作業場所

最終更新日:
2019/10/02

コーディングの勉強がはかどらない、集中力が続かない場合のいい方法ってある?

コーディング作業って楽しいですよね。Webデザインではクリックできなかったボタンやテキストリンクが実際にクリックすることができるようになる。これが、コーディングの醍醐味です。

少しでも早くブラウザ上でスライドショーやボタンなど組み上げで自分の手で作り上げたWebサイトをクリックしてみたいと、僕はよく思います。

そのもどかしさを少しでも早く実現するためには何が必要か。様々な条件のひとつに集中力があると思います。

そして、集中力の持続には人それぞれ違いがあるのは事実で、「あの人、周りがにぎやかなのにずっと仕事してるよね~」と思ったことはありませんか?

僕もよく考えます。集中力がもっとあれば、いろいろな仕事ができるのではないかと。

集中力を持続させて納期を2倍短縮する方法、それは「自然」がある場所で仕事をすること

まさかとは思った人もいるかと思いますが、実は自然がある環境で仕事をすると、集中力が持続することがわかっています。

デスクトップパソコンしかなかった時代であれば、外でコーディング作業をすることはかなり厳しいですが、今は簡単ですよね。そう、ノートパソコンを近くの公園に持っていって作業をすればいいんですよ。

もちろん、公園内で安定して作業できる場所を探す必要はあるかと思いますが、最初は10分だけでも公園でコーディング作業を試してみるといいかもしれないですね。

「自然が集中力を倍増させる」がイリノイ大学の研究論文で証明された

自然がある場所で仕事をしたら本当に集中力が上がるのか。イリノイ大学の研究論文で証明されているのでご紹介します。

イリノイ大学の実験で、9-10才の子供300人が対象。実験期間は10週間で、全体を2つのグループに分けております。
・自然が多い公園で週に1回だけ授業する
・いつものクラスルームに近い教室で週に1回だけ授業する
・環境の違いでどんな差が出るかを調べたわけですね。

さて、これらのデータをまとめてどんな違いが出たかと言いますと、
自然の中で授業をした子供は、普通のクラスに比べて2倍も集中力が持続した!
だったそうです。自然で授業を受けた子供たちは、リラックス状態だし集中したまま取り組むしで、いいことだらけだったらしい。すごいもんですなぁ。

今回は子供を対象とした研究で、大人じゃないよね、と思うかもしれません。

しかし、大人の場合は自制心が働き、純粋な統計が取れないと考えることができるので、子供で実験した方が精度が上がると判断されたかもしれませんね。

まとめると、自然に触れながら仕事をすると集中力が倍増されて仕事がはかどる、と考えられます。

Web制作会社の経営者の方は、ガラス張りで自然が見える場所にオフィスを構えたり、週の1日は自然が見える場所でWeb制作ができるようにすると、おもしろいかもしれませんね。

もちろん、1日中自然がある場所で仕事をすることができない人が多いと思いますが、気分転換として公園などでコーディング作業や散歩だけでもしてみると、室内に戻ったあとも集中力が持続する可能性が上がるかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか。