Web業務改善・効率化

Web制作やWeb運用業務の改善・効率化を科学的根拠にもとづいてご紹介。

【Webデザイナー】デザイン制作に追われて手軽なあの食べ物を食べていませんか?メンタルが病む食品とは【うつ病】

最終更新日:
2019/09/24

最近Webデザイン業務がはかどらない、というときがありませんか?

Webデザイン作業に集中していると、ついつい食事を摂ることを忘れたり、コンビニやテイクアウトで買ってきた簡単な食事で終わらせる場合があると思います。

若い人は特にコンビニやファストフード店で買ってきたものを食べる機会が多いのではないでしょうか。

Webデザイナーとしてデザインの勉強やスキルアップをすることは大切なことですが、それよりも大切なことがあります。

それは、健康管理です。

なぜなら、健康な状態であればいいデザインが作れるのに、体調が悪く仕事に集中できなければ、身につけたデザインスキルも100%発揮することができないからです。

そして、普段目にしている食品で頻繁に食べるとメンタルが病んでしまい、うつ病になる食品があります。

いったいどういったもの食べるとうつ病になる確率が増えるのでしょうか。

デザイナー人生を長く続けるために、食べるのを避けたほうがいい食品

ある程度見当がついているかと思いますが、この食べ物は体にはよくないだろうなーと思い浮かんだ食品です。

そうです。それは、ファストフードのような加工食品です。

ファストフードやジャンクフードのような塩分が高い食品を頻繁に食べると、健康を害し、メンタルを病んだ末、うつ病になる確率が増えるのです。

メンタルを病むと、会社に行くことがしんどくなったり、いいデザインができないとへこんで手につかなくなったりと、いいことが一つもありません。

体の外側のケガは目に見えるので、重症か軽症か、病院に行ったほうがいいのかなど、判断しやすいです。

しかし、体の内側のケガ、心の病気の場合は、重症度がわからなかったり、本人があまり自覚していない場合があったりと、関わり方や治し方が非常に難しいです。

食事に気をつかい、健康的なWebデザイナー生活を送ろう

アラバマ大学の研究で、ファストフードなど塩分の多い食品を食べた場合についての研究論文があります。

アラバマ大学の研究で、84人のティーンエイジャー(平均13歳)を対象に、以下のポイントを調べてます。

・2週間かけてインタビューを行い、メンタルの不調はないかをチェック
・全員に尿検査を行い、ナトリウムとカリウムのバランスをチェック
・さらに1.5年後に再び全員のメンタルをチェック

なんでナトリウムとカリウムを調べたかといえば、これが健康的な食生活の指標として使えるからです。当然、カリウムが多ければ「ふだんから野菜を食べてるんだろうなー」と推測できますし、逆にナトリウム(≒塩分)が多ければ「ファストフードみたいな加工食品をよく食べてるんだろうなー」と推測できるわけです。

で、その結果は大方の予想通りでして、
ナトリウムが多い子供はメンタルを病む傾向が強く、カリウムが多い子供はメンタルが健やかだった!

ということで、デザイン業務で忙しいときでも、ファストフードのような塩分の高い食品は控え、野菜サラダやおにぎりを食べるなど、ひと工夫をして、健康管理に気をつけてみてはいかがでしょうか。