Web業務改善・効率化

Web制作やWeb運用業務の改善・効率化を科学的根拠にもとづいてご紹介。

【コーディング初心者】パソコンの電気代を少し多く払うだけで、コーディングスキルが上達する方法【Webコーダー】

最終更新日:
2019/09/24

コーディング初心者が確実に上達する方法はあるの?

Webサイト制作を行う上で、デザイナーやコーダー、プログラマーなど、どのWeb職種も共通で知っておくWebスキルがHTMLであり、コーディングです。

そして、コーディングを学習することは、Web業界で働くために必ず必要になるので、しっかりと身につける必要があります。

そのためには、コーディング初心者は継続的にコーディングの勉強をする必要がありますが、人間何ごとも初めて学習するものに対して拒否反応を起こすのは当たり前です。コーディングがスムーズに身について行けているときは楽しいものですが、ブラウザにうまく表示されなかったり、意図したとおりになかなか表示されない場合はストレスがたまり、辞めたくなるものです。

ただ、Web制作は意図したとおりにならないことが日常茶飯事の職種で、立ちはだかる壁を自分の力で何回も乗り越えていき、成長し、自信がついていきます。

ですので、少しずつでもいいのでパソコンに向かって作業をする習慣を身につける必要があるのです。

そして、今日はだめでも明日挑戦したら、簡単に問題が解決し、拍子抜けすることは多々あります。

よって、毎日毎日あきらめずにコーディングの勉強をする習慣を身につければ、コーディング技術が確実に上達します。

それでは、コーディングの勉強を習慣化するいい方法はあるのでしょうか。

いつでもすぐにコーディングできる状態にすれば習慣化できる

習慣化するいい方法は、コーディングの勉強をしよう、と思った瞬間にすぐにコーディングできるかどうか、になります。

例えば、朝起きて30分勉強しようとした場合、前日の夜に

  • パソコンをつけっぱなしにしておく
  • コーディングエディタを開いておく
  • ブラウザを開いておく
  • コーディングの書籍を開いておく
  • その他、コーディングに必要なツールはすべて開いておく

など、コーディングするときに必要なツールはすべて開いておくのです。

こうすると、朝起きた瞬間にコーディングの勉強ができます。

睡眠時間8時間の人であれば、8時間分のPC電気代(2.2円 x 8 = 17.6円)を払うだけで、コーディングの勉強がすぐに取りかかることができ、習慣化され、コーディングスキルが上達するのです。

通常であれば、パソコンの電源を入れて、ブラウザを開いて・・・、とコーディングをするまでにさまざま手順を踏む必要があります。

その間に、ネットサーフィンをしたり、スマホをいじったりと、コーディングする状態から気がそれてしまい、モチベーションが下がり「今日はコーディングの勉強するのいいや」という状態になるのです。

良い習慣を身につけるためには、手間を「20秒」減らす

ハーバード大学のショーン・エイカーが書いた「幸福優位7つの法則」で、良い習慣の身につけ方が紹介されています。

・良い習慣を増やしたいときは、その習慣を身につけるのにかかる手間を20秒だけ減らす
・悪い習慣を減らしたいときは、その習慣を身につけるのにかかる手間を20秒だけ増やす

例をあげるなら、
・テレビを見る時間を減らしたければ、リモコンを取りに行くまで20秒かかる場所に置く
・スマホに費やす時間を減らしたければ、SNSアプリなどはフォルダの深い場所に置く
・筋トレの習慣をつけたければ、ダンベルを部屋の中央に置く

みたいな感じ。これは行動経済学の考え方に近くて、ダン・アリエリーの「人間の意思力なんて当てにならないんだから、自動的に目標を達成できるシステムを作ろう!」って主張を、非常にスマートなルールに落としこんだ印象であります。

僕も試してみましたが非常に効果があり、運動や瞑想など毎日できるようになりました。

コーディングの基礎を身につけ、レスポンシブWebデザインができるようになると、仕事の幅が広がりますので、ショーン・エイカーの20秒ルールを試してみてはいかがでしょうか。